付き合う前のデートで脈あり男性との地味に恥ずかしいバー体験

初めての場所って、普段だったら絶対にありえない出来事が

起こったり失敗することってありますよね。

ボクの友人の女性はよく恥ずかしい想いをした体験談を

笑い話として語ってくれます。

一気飲み

「私も初めて行く場所だといつもと違い失敗したと思うことがあります。

付き合う前の男性とデートした時のことですが、

その日のデートはどうしても行ってみたかったバーに

連れて行ってもらいました。

 

 

雑誌で見かけたのがきっかけだったんですが、

友だちの1人が行ったことがあるとのことで

話を聞くと、すごく良さそうなお店だったんです。

 

 

そこで彼に言うと、彼もお酒が好きなので食事の後に

そのバーに行ってみようとのことで話がまとまりました。

 

 

例のバーに着いてみると、写真で見ていたのよりも断然雰囲気が良いです。

大人の感じのバーだよ、と話には聞いていましたが、本当にその通りでした。

お客さんの年齢層も比較的に高めなのもあってか、

店内もすごく落ちついた雰囲気で良かったですね。

 

 

その分、お酒やおつまみなどの料金は少し高めになっていましたが、

その値段にも納得できるお店でした。

 

ちょっと雰囲気にのまれてしまって、私も何だかテンションが上がってきて、

普段は頼んだことのないものを頼むことに。

 

そのお酒がまた美味しいですし、おつまみとして頼んだチーズも美味しくて、

本当にきて良かったな、と思いました。

 

彼もこのお店は良いなぁと言っていたので、また次も来ようという約束を

したところで帰っていたら良かったです。

 

 

 

その後も、お酒を飲んで、軽食を食べたりしながらお店にいたのですが、

ここで頼んだお酒が問題でした。

ちょっと変わった感じだったのですが、私はてっきりストローだと思って

グラスについていたものを口にくわえて、吸い込んでみました。

 

 

しかし、吸っても吸ってもお酒が口に入ってきません。

あれ、と思っていると、彼が大爆笑しました。

それ、ストローじゃなくて、マドラーだよ、と言われて赤面です。

爆笑顔

 

大したことではないと思われる方も多いかと思います。

確かに、改めて考えるとそこまで気にする必要もないし、

二人のエピソードが出来たので笑って過ごすことも出来ます。

 

 

しかし、付き合う前の一番の勝負所だったので、

その時には恥ずかしさを通り越して、どこか穴にでも隠れたかったです。

お酒で火照っていた顔も一気に青ざめました。

 

本当に恥ずかしかったのを今でも覚えています。

普段だったら絶対にありえないとは思いますが、

初めての場所だと、想定外の行動に出てしまうものですね。

 

 

そんな彼とはその後長いお付き合いをさせてもらっています。

たまに当時の話が上がることもあり、今ではいい思い出です。」




SPONSORED LINK