旅行に行きたい!BARで南国気分を味わうカクテルがあるのをご存知?

旅行に行きたいでも行けない!

BARで南国気分を味わうカクテルがあるのをご存知?

南の島旅行

連休があると海外に行ってのんびり過ごしたいですよね。

ハワイやバリのビーチでトロピカルジュースを飲みながら・・・・

 

 

漫画やドラマの世界でよくある光景ですが、

大型連休は海外に行って休みを満喫したいけど

そんなお金はない!って方も多いはず。
であれば、日本の近場で南国気分を味わいましょう!

そんな南国気分をBARで味あわせてくれる手助けを

してくれるお酒があります。

 

 

それが「シンガポールスリング」
シンガポールスリングは、1915年に名前の通りシンガポールで

作られたカクテルです。

 

ラッフルズ・ホテルというところのバーテンダーであったら

巌崇文という人が最初に作ったと言われています。

 

 

カクテルの特徴としてチェリーブランデーが使われているため、

鮮やかな赤い色をしています。

シンガポールスリング

 

一般的なレシピではドライジンをベースにチェリーブランデー、

レモンジュース、砂糖、ソーダ水を使用しています。

 

シンガポールのラッフルズ・ホテルというと、名前を知らなくても

建物の写真を見れば見たことがあるという人が多数いるであろう

有名なホテルです。

 

 

真っ白で荘厳な建物は、本当に素敵で、シンガポールを代表する

有名なホテルなんですよ。

 

さてこのラッフルズ・ホテルにはロングバーというバーがあります。

そこがトロピカルカクテルの傑作といわれたシンガポールスリングが

作られたバーなんです。

 

連日本場のシンガポールスリングを飲もうとする観光客で

にぎわっているそうですよ。

 

 

お酒が大好きという人は是非一度行ってみてほしいなと思います。

何故これほどまでに本場のシンガポールスリングにこだわる

人が多いのかというと理由があります。

 

シンガポールスリングの一般的なレシピは先ほどご紹介しましたが、

本場のレシピは少し違っています。

 

パイナップルジュースやライムジュースコアントローやベネディクティン、

グレナデンシロップ、アンゴスチュラビターズなど様々なリキュールや

ジュースが入っています。

実際に飲んでみるとトロピカルな味がさらに強調されています。

シンガポールスリングを飲んで、

日本に居ながらBARで気軽に南国気分を味わってみてください。




SPONSORED LINK

コメントを残す