行きたい海外旅行先ランキングにも入るダーツトーナメントが盛んな2つの国!

海外旅行へ行きたい

ダーツのトーナメントは世界中で行われているのですが、

最も盛んなのはどこなのでしょうか。

 

 

ダーツの本場であるイギリスではやはりトーナメントが

かなりたくさん行われています。

 

 

世界大会やもっと規模の小さな大会までトーナメントがたくさんあり、

賞金の額は1千万円を超えることも珍しくありません。

イギリスにはプロのダーツプレイヤーがたくさんいて、

ダーツをやる環境としてはとても恵まれています。

 

そういえば、イギリスは日本人が行きたい海外旅行先ランキングにも

ランクインしていました。

 

 

◆行きたい海外旅行先ランキング

1位 ハワイ
2位 イタリア
3位 フランス
4位 アメリカ
5位 ドイツ
6位 オーストラリア
7位 イギリス
8位 台湾
9位 ニュージーランド
10位 カナダ

 

イギリスとともにトーナメントの数が多い国としては、アメリカがあります。

本場のイギリスからアメリカに渡ったダーツは、本国とは

別の方向性で進化を果たしました。

 

 

アメリカで初めてコンピュータのシステムを導入したダーツのボードが

誕生して、それが世界中に爆発的に広まりました。

 

 

アメリカのダーツの主流はソフトダーツであり、各地でトーナメントが

開催されています。

 

 

その数はイギリスに匹敵するほどなのですが、アメリカは広いため、

それぞれの地域で盛り上がっている状況となっています。

日本も現在はソフトダーツが主流ですね。

 

 

 

基本的にヨーロッパの各国でダーツは人気が高いのですが、

中でもオランダは昔から根強い人気があります。

オランダ人のダーツプレイヤーの中には世界チャンピオンになったことの

あるプレイヤーもいて、ダーツ熱の高い国です。

 

 

そのため、トーナメントも多数開催されており、多くのプレイヤーが

存在します。

 

このように、ダーツは世界中で多くの人が楽しんでいて、

アマチュアだけではなくプロの世界でも盛り上がっています。

 

o8w47yrhwfilu47uiqf3wasr

もちろん、日本も発展途上の段階ではありますが、

徐々にダーツを気軽に楽しめる環境やトーナメントが

開催されるようになってきています。

 

賞金額も年々上がってきているので、いづれは世界に負けない

ダーツ国としてその名を轟かせてほしいものですね。




SPONSORED LINK

コメントを残す