新しい土地で友達を作るポイントはダーツバー!寂しさよサヨウナラ

セクシーな女性

引っ越し、転勤、転校、離婚、夢を追い求めて・・・・・

新しい土地に引っ越す理由は人によって違いますが、

場所が変わると、住む人も変わります。

 

仲良かった友達も離れ離れ、周りには特に友達もいない。

 

 

単身赴任・・・

東京、大阪、北海道、福岡・・・

友達いない・・・

恋人いない・・・

暇・・・

つまらない・・・

寂しい・・・

どうしよう・・・

 

bar_love

新しい土地に行って寂しいと感じるならば冒険してみよう。

 

もし、新しい土地で誰も友達がいないなら

新しい友達をつくってしまいましょう。

 

 

そう、作ってしまえばいいんですよ!

 
趣味の場に行くのもいいでしょう。

人が集まりそうな場所に行くのもいいでしょう。

 

呑みに行けば友達ができるかもしれません。

 

日本では呑みに行こうと考えた時に真っ先に居酒屋が候補として

思いつくところですが、お勤め先やお住まいの近隣を見渡してみると

バーは意外に多く所在するもので、街の中で一つの文化として

根付いています。

 

酒が好き

ただ居酒屋などとは大きく異なり大勢で訪れにぎやかに

呑む場所ではありませんので、一人で訪れ静かに呑む事も

多くなるのですが、それぞれのバーではお客さん同士で

仲が良いなど人の繋がりが見て取れることもあります。

 
一見さんからその後に何回も通う中ではそうした繋がりの中に

溶け込んでみたいと考えることもあるのですが、

 

すでにコミュニティがあるところで顔を覚えてもらうためには

どうすれば良いのでしょうか。

 
まずバーと聞くとなにやら堅苦しい雰囲気を思い浮かべる方も

多いのですが、人と人が出会いお酒を酌み交わす場になりますので、

足を踏み入れてみると中ではお客さん同士でコミュニケーションが

盛んに行われています。

 

 

足を踏み入れる際にはご自身で心を開いて身構えることなくオープンにし、

まず何度と無く通ってみることで周囲の常連さんからも

顔を覚えてもらえますので、特にご自身で積極的に会話をしようと

無理はしないまでも通っていれば自然に溶け込んでいくことができます。

もちろん毎日通うわけにはいきませんので、ご自身のスケシュールも

 

 

踏まえて短い時間の滞在でも構いませんので、1週間はあけずに

週に数回程度は通ってみれば周囲のお客さんからも自然に

顔を覚えてもらえます。

 
さらに、ダーツバーであれば仲良くなるきっかけを作ることは

とても容易となります。

darts_出会いの場

お酒以外に仲良くなることができるツールが用意されているからです。

別にそれはダーツでなくても構いませんが、それはゲームバーであっても

ハプニングバーであっても、ゴルフバーであっても

 

同じ方向を向いて、仲良くなるきっかけを作ってくれる場所で

あれば問題ないです。

 

ダーツバーはそういった話をかけるきっかけを簡単につくってくれる

場所であるだけです。

 

もし、新しい土地で寂しさを感じているなら試して

友達の輪を広げてみてはいかがでしょうか。

 

寂しさよサヨウナラ!!!





SPONSORED LINK

コメントを残す